そのリスク、ヘッジしていこう!

ノリと勢いだけで作ったゲーム。製作期間24日。

nrmgoraku.com

はじまり

始まりはチャットへの投稿。

17分でほぼできあがった。

f:id:matchqueen:20190505000242p:plain:w300

ゲームについて

ゲームシステムは落ちものパズルゲーム。

グラフィックさんの32枚トレカを使ってみたかったので32枚縛り。

32枚となると、8種*4が丸いよねということでカード種類数が決まる。

つらつらと

  • 縦横斜めで色を3つ揃えるか、同じ番号(リスク)を2枚揃えれば消える。
  • 1種消えたら1枚のリスクをライバルに投げつけられる。
  • 同時に2種消えたら2枚投げる(同時ヘッジ)
  • 連鎖も可能(連鎖ヘッジ)
  • 投げたリスクで相手が揃ってしまった場合も消えるようにする(友情ヘッジ)
  • 自分のリスクの受け皿(場)がいっぱいになると負ける。自分以外が勝利。
  • シャッフルしたくなかったので山札がなくなったら終了。「リスク管理査定」という名目で一番リスクがある人が負ける。
  • 消せるリスクを見逃してしまう場合、「見逃したことを指摘」されると負ける。
  • 指摘されなければ負けない。

実際にやると簡単なのに、文字に起こすとわかりづらいオブザイヤー。

ゲムマに来れるようでしたら一回試遊とかするのおすすめです。

イラスト

プレイヤーが社員(マネージャー)なので、カードイラストはリアル風。 f:id:matchqueen:20190505001243p:plain:w300

この部分にこだわりがあり、プレイヤーが社長の場合、

「偉い人は社員をコマとしてしか認識していない、ゆえに彼らの外観は顔がなく無個性なピクトグラム

なのである。

イラストは、はむおにポーズをとってもらい、それをイラストに起こす(模写)方法で描いている。

線の選び方で雰囲気が変わるのが大変面白い。なお、過労死ガチャの絵も同じ手法で描かれている。おっさんをたくさん描くのはもう嫌だ。

パッケージ絵は「リスクをエイヤって投げている絵がいいね」と言われたので描いたラフをそのまま使った。

iPad proのコンセプトというアプリを使っている。

けっこうラフそのままになった。ここだけピクトグラムというか白禿というかそんな感じなのは大きな意味はない。

おっさんをパッケージにすることへの精神的拒否感があったことは否定しない。

これを描いているときが一番楽しかった。 f:id:matchqueen:20190505001641j:plain:w300 f:id:matchqueen:20190505001658j:plain:w300

その他

亜種ルールで一人で遊ぶのも面白かった。

適当に自分ルールを作って遊ぶのも良いと思う。

ルールは変えてくれてかまわない派なので、楽しく遊んで欲しい。

「こんな感じでやると面白かった!」

というのは教えてくれるとうれしい。私たちもそれで遊びたい。

意識の階段

初めは「意識高い人の伸びた鼻をへし折るゲーム」だった気がするが、気が付いたら違うゲームになっていた。

f:id:matchqueen:20190505002341p:plain:w300

nrmgoraku.com

はじめ

これ、もともとは「天国への階段」というタイトルで出そうと想定していたゲームだった。当時(2017年11月)のメモにはこう書いてある。

はたらくさん(社畜)がブラック(地獄)からホワイト(天国)まで階段を昇っていくゲームでね、途中で様々な困難があるんだけど、それを乗り越えて天国に行こうとするんだ。 その妨害をする社長が主人公のゲーム。 上るはたらくさんじゃなくて、妨害する社長になる。 自分の世界のはたらくさんが天国に行ったら負け。 ブラック企業から抜け出せない若者をファンタジーで表現したゲーム。

地獄かな。

 

今回の「意識の階段」は、「レッテルを張る(妨害)」、「貼られたレッテルを意識高いワードで上書きしていく」あたりを面白いと思えるときっと面白いはず。ノリのいい友だちとノリ良く遊んでくれると嬉しい。      

ゲームについて

登る階段の数は、初期は「100兆、300兆、500兆、1000兆、1500兆」だった。300兆がいまいちだったらしく250兆になった。

ついでに100兆段は使わないよねということになり、結果「250兆、500兆、1000兆、1500兆」の4種に。

記載された数字に意味があるかどうかは不明。雰囲気です。 f:id:matchqueen:20190505003338p:plain

各職業は、独断と偏見に基づく「意識高そうな職種」 f:id:matchqueen:20190505003644p:plain:w300

ゲームシステム自体は階段を登るだけなのでそんなに苦労した記憶がない(2か月前に作っているので記憶があやふやだという気持ちもある)

一番苦労したのは「意識高そうなワード探し」です。こういうの。 f:id:matchqueen:20190505004727p:plain:w300

チラシの話

こんにちは、なるみです。 気まぐれに更新されるこのブログ、今回はゲームマーケットで弊サークルが配布しているチラシについて書いていこうと思います。

チラシ

ゲームマーケット毎に、弊サークルで販売しているゲームのルールを書いた、「鳴海製作所娯楽部ゲームカタログ」という名前の小冊子を製作しています。 表紙には各ゲームの簡単な説明、本文には各ゲームの簡易的なルール、裏表紙には次回作予告(仮)を記載しています。

f:id:matchqueen:20181127012238j:plain

この小冊子を作って良かった点をいくつか上げていきます。

インストが下手でもルールを理解してもらえる

いきなり後ろ向きな話ですが、なるみはインストが超下手です。 そもそも人に口頭で何かを伝えるのが下手です。チャット万歳なコミュ障エンジニアなので仕方がないです。 そこを補うために作っているといっても過言ではありません。

スペースでお品書きやゲームを手にとって眺めている方に、「簡単なルールが書いてあります」と渡すと皆さんそれを読んでルールを理解してくださいます。最高ですね。 それを読んだ上でご購入いただける方も多いので、個人的には大成功です。

後で読んで買いに来てくれる

スペースを去った後に読んで買いに来ましたと言われることが多いです。 宣伝文句やカード紹介などはほぼなく、ルール説明することをメインにしているので、どんなルールのゲームなのか理解した上でご購入頂けます。とても助かります。

デメリット

もちろん良いことばかりではなくデメリットも存在します。

お金がかかる

時間はお金で買うしかない社会人なので、印刷屋さんにお願いしています。 具体的に言うとグラフィックさんです。 www.graphic.jp

いつも作るのはB6サイズ、8P、全ページフルカラー、300部、価格は16170円です。 モノクロにしたり、チラシ状にして裏面にルールを記載するだけで価格は抑えられると思います。 目的は「それを読んだだけでルールが理解できるもの」を用意することなので、形状はなんでも良いのではないでしょうか。

逆に言えば、デメリットは金銭面くらいです。ルールを配ることはゲムマ初参加時からやっていますが、とても楽です。 みんな読んでくれるのすごいですよね。スペースでチラシを配っていていつもすごいなって眺めています。口下手な私は大助かりです。

おわりに

ゲームのチラシを貰っても、コンポーネント情報がメインだったり、抽象的なストーリー説明しかないものが多いので、結局どんなゲームなのか分からないなぁと常日頃思っています。 抽象的なストーリー説明しかゲームパッケージに書いていない弊サークルが何を言っているのかって感じですが、そんなところを補えるようなものを用意することで、ある程度販促になっているのだはなかろうか!と思っております。

最後に今回配布したゲームカタログを全ページ貼っておきます。 なにかのご参考になれば嬉しいです。

追伸、次回作は2019年ゲムマ大阪で「意識の階段」といっておりますが、いろいろと検討した結果、ゲムマ大阪では「過労死ガチャ」(タイトル)を出すことになりました。 500円ゲームってやつです。日頃からなるみは、「私があれだけ働いて(※)過労死しなかったのはガチャで過労死を引かなかったからだ」と言っているのですが、それをゲームにしてみました。タイトル通りのゲームなのでお楽しみ頂ければと! ※残業時間は最大で340時間を超えたことがあります。

「意識の階段」はゲムマ2019春に出ます!

f:id:matchqueen:20181127012727j:plainf:id:matchqueen:20181127012741j:plainf:id:matchqueen:20181127012745j:plainf:id:matchqueen:20181127012748j:plainf:id:matchqueen:20181127012755j:plainf:id:matchqueen:20181127012758j:plainf:id:matchqueen:20181127012801j:plainf:id:matchqueen:20181127012738j:plain

Perfect Whiteの作り方

お久しぶりの部誌更新です。

実は年末に会社のアドベントカレンダーにカードゲーム製作記を書いておりました。
以前書いた、 はじめてのボードゲーム制作記 - 鳴海製作所娯楽部 部誌 のようなものですので、良ければご覧くださいませ。

tech-blog.cerevo.com


これのアクセス数がちょっと多かったとのことで、ランキング報酬でアイコンを描いてもらいました!
会社のお金で!アイコンゲット!!
Twitterアイコンにしているので、興味ありましたらどうぞ(なるみ▽ (@queenmk) | Twitter

という感じでお茶を濁しました!

次回の新作は告知通り「パンツはどこへ消えた?」となります。
なんかいまいちだったのでシステムを全部いちから構築しなおしたりしたため、発売が5月になります。
その代わり、たぶん面白いはずなのでお楽しみに!
今回はキャラクターを絵師さんにお願いしているので、出来上がりがすっごく楽しみです!