はじめてのボードゲーム制作記

2017/5/14のゲームマーケットに出すべく、カードゲームを作ってみました。
実際にどのように作っていったかの記録を残しておきます。
またもや誰のためにもならないような記録になったので反省しました。

この記事はなるみが書いています。

作った人

・はむお
 ゲームデザイン担当。ご飯も作る。

・なるみ
 ゲームデザイン以外全部担当。半田付けとかしてる。


 

どんなゲームを作るか

もともとは違うゲームを考えていて(焼肉じゅーじゅーという、肉を焼いて良い焼きかげんになったら食べられるというゲーム)、テストプレイまで終わらせていたのだけれど、2016ゲームマーケット冬にて似たコンセプトのゲームが出ていたのを発見してしまい軌道修正。
尚、そのゲームは購入した。楽しかった。これ → JUST MEAT!! | スタジオG3 | ゲームマーケット
(めっちゃ大好きな漫画家さんたちのサークルだったことを知ってテンション上がった)


そこで新たに出たテーマが「社畜から絞りとるゲーム」。
社畜になるゲームは何個か見かけたけれど、社畜を飼う側のゲームがないなと思ったので。


その時のメモ

迫り来る労基。労働裁判から会社を守れ!!

(結局あまり守ることはできないゲームになった)


で、ここから、アイディアを詰めていく。

  • 利益カードと労働力カードを用意する。
  • 利益カードには「会社が起こすアクション」を入れる。
  • 労働力カードには「労働者が起こすアクション」を入れる。
  • 利益カードは「りえきカード」、労働力カードは「ろうどうりょくカード」の名称にする。
  • 基本的にどんどん会社はつぶれる。
  • なるみでもできる簡単ゲームが良い(難しいルールのゲームは一切やらないゆるゲーマー)


作品タイトルは、
はむお「ラノベみたいなタイトルが良い」
なるみ「じゃあ、【俺の会社が労働裁判で潰れるわけがない!!】は?」
はむお「それ」
こんなノリで決まりました。すべてゆるめで製作が行われております。


 

カード種類を考える

ご予算が決まっていたので、その中で作れるのはカード80枚くらいのゲームだね、ということでカード枚数が決定される。
 
「となると各8種くらいで作ればいいな」
 
ということで8種で検討を進めることに。枚数は後ほど調整することにした。
まず、各8種のカードリストを作る。
が、8種類のカードが思い浮かばなかったので、7種類に変更する。
思い浮かばないということは、必要ないということだ。


f:id:matchqueen:20170522122750p:plain
※そのときの資料
これは最終版の資料なので、完成形となっています。
赤字はテストプレイなどを経て修正された箇所になっている。


各カードの名称は、どんなことがあると会社の利益をけずれるか?と考え、そこから出した。
カード枚数はいつの間にか決まっていた。テストプレイの項目を参照。

カード種類 カード名称 カード枚数
ろうどうりょく 転職 16
ろうどうりょく 労働裁判 4
ろうどうりょく かろうし 3
ろうどうりょく SNSで暴露話 7
ろうどうりょく 労基がくる! 5
ろうどうりょく 円満退職 1
ろうどうりょく バックレ 4
りえき 雇用 20
りえき 弁護士 3
りえき 企業スパイ 4
りえき コンサルタント 4
りえき ボーナス 1
りえき サービス残業 4
りえき ヘッドハンティング 4


 

テストプレイ

はむおがテストプレイ用カードセットを作って、テストプレイまで終わらせてきた。
「これ作った。遊んだ。楽しかった」
と、とてもためにならない感想をもらう。

すでに各カード枚数も決まっていた。どういう理由でこの枚数にしたの?と聞いたところ、
「なんとなく」
という回答が来た。
俺たちは雰囲気でボードゲームを作っているんだ。

面白かったならいいかと、そのまま進めることにした。


f:id:matchqueen:20170522211747j:plain
※はむお製作のテストプレイカードたち


テストプレイは、なるみとはむおが一緒にプレイしたのは2回くらい。
2回遊んで、「ルールも簡単だし、これなら小学生でも遊べるな」と思ったのでこれでGoになった。

他の人のツイートなどで、「テストプレイは50~100回はする」というようなものを見て少し反省した。
次回は2人で5回くらいはやりたい。


尚、はむおにブログに書くからなんかノウハウみたいなの出してよと伝えたところ、
「・・・・・?」
みたいな反応が返ってきた。
彼は雰囲気でゲームを作っている。


※はむおにテストプレイについて聞いてみたところ、
「テストプレイをすればゲームの完成度は基本的には上がるよ」
「テストプレイしてる人の慣れ(?)によって、改善点が見つかるまでの試行数は変わるよ」
「人によって視点が違うから、いろいろな人にやってもらうといろいろな方向性の意見がもらえるよ」
という、わりとまともな返事が返ってきましたので、彼の名誉のためにこれを記載しておきます。


 

どこで印刷するか

見た感じ、他のサークルさんが良く使っている萬印堂さんにお願いすることに決める。冒険はしない。
品質はとても良いので満足したが、やはり高い。良いものは高いのだと納得した。


 

カード絵

萬印堂さんにカードのテンプレートを頂き(メールでくださいとお願いする)、それを使ってカード絵を描いていった。
マスコットキャラクターの「はたらくさん」はもともとなるみが2016年冬コミで配った名刺のキャラクターで、局所的に大人気だったのでそのまま使うことにした。
f:id:matchqueen:20170518172003j:plain:w300
※もともと鳴海製作所というサークル名で同人誌を出している。


縦横混じるカードだったので、統一感を出しつつ、見やすい感じで頑張った。
どのカードもフレーバーテキストと字コンテから絵が想像できたので、想像したままに描いた。
テキストや色合いも雰囲気で。自分の感覚を信じるんだ!
(はむおと何一つ変わらない感じになってないか)
(俺たちは雰囲気でボードゲームを作っていた)


f:id:matchqueen:20170522145804j:plain:h300
りえきカード:ヘッドハンティング
 
f:id:matchqueen:20170522145809j:plain:w300
ろうどうりょくカード:かろうし


ピクトグラムは初めて描いたけど結構たのしい。
カード絵はIllustratorCCですべて描いている。毎月課金しています。つらい。


 

箱絵

描いてから実際に印刷してみた。
すごくテンションが上がる。
f:id:matchqueen:20170522142722j:plain

ここで、箱の横側の文字の向きなんかが合っているか確認した。
間違ってたら恥ずかしいからね。


 

取扱説明書

はむおに「取説書くから下書きを作ってくれ」と投げたら、これが返ってきた。
f:id:matchqueen:20170522125118p:plain
※タイトル絵は古いやつ。これに色々付け加えて最後の形になった。


ほぼ出来上がっていたので、これをもとに萬印堂さんにいただいたテンプレに入れていく。

萬印堂さんにお願いした初版の取説では、全体のゲームの流れが記載されていなく、すこし分かりにくかった。
その為、印刷まで終わっていたのに取説のみ作り直した。

■変更前
f:id:matchqueen:20170522125710p:plain

■変更後
f:id:matchqueen:20170522125945j:plain


少しはわかりやすくなっていたらいいな。


 

印刷されたものが送られてくる

テンションが上がる。初めて作ったボードゲームだ!
f:id:matchqueen:20170522142614j:plain
f:id:matchqueen:20170522142624j:plain



箱は自分で組み立てるので、箱を組んで、取説を折って、カードと取説を入れるという作業が必要になる。
箱もカードも余部が入っていて、少し汚れているものを抜くと丁度100個くらい作れた。


 

売る

売った話はこちら
nrmgoraku.hateblo.jp




 ------------------
はい、以上で鳴海製作所娯楽部のボードゲームの作り方を終わります。
肝心のゲーム制作時に知りたそうなところが全然ないですね。

はむおがこれを読んで
「良い表現をするならば、『自分たちが作りたいものが定まっていれば雰囲気でゲームが作れます』って感じだよね★」
と良い感じにまとめてくれた。
感謝である。

現在、次回作を細々と作っているのですが、上の作り方とほぼ同じ方法でやっています。
次回は取説一発OKになるといいな。

なるみでした。

はじめて作ったボードゲームを売った話

気になるんだけど話があまりネットに出ない原価と数量の話とか、イベント前準備の話をします。
超長文だけどあまり参考にならなさそうな感じになりました。悲しいです。
この記事は、なるみが書いています。

お金の話

初めに予算を15万円に決めました。
2人で作ってるので75000円ずつ初期投資して、その金額でゲムマ参加費など全て賄うようにしました。
実際にかかった費用を完全折半するより、予算内で何かを作る方が楽です。

15万で作れる量、かつ、完売しなそうな量、という観点から、100セット作ることにしました。
この100個は多い数字みたいで、あまり参考にしない方が良いかもしれません。
他の人が初めてボドゲ作るときにどれだけ作ったのか気になる。教えてほしい…

 
蓋つきの箱がかっこよかったですが、予算オーバーするのでキャラメル箱にしました。小さくてかわいいですね。
 
原価率は60%前後になる計算で売価を設定しました。
が、原価計算を早割りの金額で計算してしまったため、再販の計算をしたときに原価率が上がってしまい後悔しました。
原価率を出すときは通常入稿した際の価格で算出しないといけないなと学ぶ。
再販貧乏という言葉がありますが、自分で実感するのは初めてでした。つらい。


ゲームの印刷は萬印堂さんにお願いしています。

2017/5/19追記
 萬印堂さんが5/31まで再販10%OFFキャンペーンしていて神かと思いました。

 
 

取説の話

ゲーム自体が早く出来上がったため*1、取説を精査する時間が出来て、修正版を出せました。
特に、「かろうし」が「過労死」になっているのがとても嫌で、どうしても修正したいと駄々をこねました(なるみが)
「かろうし」は「かろうし」という概念であり、「過労死」とは違うのです。
手順も少しわかりにくかったので、それの修正もしています。
修正後取説の印刷はグラフィックさんにお願いしました。


ゲムマでチラシとして配っていたものが修正前の取説です。
持ってる方は比べてみるとどう変わったか分かるかも。
修正後の方が分かりやすくなってると思います。たぶん。

この修正前の取説をチラシとして配布したというのが良かったらしく、インストはほとんどせずに、取説を読んで買ってくれる方が多かったです。
ゲーム自体かんたんだしね。
とても楽ちんだったので、次回は取説チラシを作って配ります。


告知の話

告知はTwitterゲムマサイトだけでした。
ゲムマサイトのゲーム内容説明は、取説のURLをそのまま張ったりするのではなく、テキストで記載していきました。
私自身がリンク踏んでいちいち見に行くの面倒だと思っている人なので、そのページだけで完結するようにしています。
同人用のサイトでWordPressを使っているので、特に苦も無く作れました。
※ゲムマのページはWordPressで編集するのです。


Twitterは専用のアカウントを作って、フォローされたら仕返すくらいのゆるふわ運用をしています。常に受け身。
告知はけっこう早かったです(5/14売りのゲームの告知を2/12にTwitterに上げてる)
速さの影響は無いかも知れないですが。

Twitterでは、全てのカード紹介をたまにUPしていました。
RTも1とか2とかなので、たいして告知効果は無いと思います。
カード絵頑張ったから紹介したかっただけだし(強がり)
 
 
チラシ置き場があることを認識していなかったので、新作ゲームのチラシは作っていません。
唯一、「次回作の告知をゲムマ当日したら面白くね?」ってことで、次に出すゲームのチラシを作ったくらいです。
これも足りるだろって思いながら100枚コピーで作ったのですが、足りなくなって途中で追加コピーしに行きました。追加は50枚です。
A4サイズで、タイトルのスペルが修正されているのが追加分。
B5サイズで、タイトルのスペルが間違っているのが2日前にコピーしたやつ。
Twitterに画像UPしたあとにスペルミス発覚したのですが、まぁいいかとそのまま配布しました。
良かねぇよって感じですよね。すみません。はんせいしてます。
f:id:matchqueen:20170517124026j:plain:w300
※恥をさらす

 
この追加分の次回作告知チラシを30枚くらいチラシ置き場に置きました。
何枚無くなったかはちょっと分からないです…


事前予約の話

ゲムマは事前予約という制度でみんなやってると聞いたので、同じようなことをしてみました。
フォームからの受け付けはゲムマ2日前に終わらせましたが、Twitterで「欲しいんだけど」と言われた場合は前日夜でも予約を受け付けました。
最終的に、こんな感じです。

通販 4件 内1件キャンセル
イベント受け取り 24件 内3件キャンセル

 
多いか少ないかは分からないです。
ゲムマに行けなくなったと、事前にキャンセル連絡してくださった方が2名いらっしゃいました。
事前に連絡してもらえるの助かりました。

事前予約への返信文面はこんな感じです。何かの参考になれば。

件名:ゲームマーケット2017春新作予約の件

○○ 様

鳴海製作所娯楽部 なるみと申します。
このたびはご予約のお申し込みをありがとうございました。
以下のご予約をお受けいたしました。
 
-------------------------------------
ゲーム「俺の会社が労働裁判で潰れるわけがない!!」¥1,800-
-------------------------------------
 
ゲームマーケット当日は、14時までにお取引をお願いいたします。
当日は売り子に、ご予約時にいただきましたお名前をお伝えください。
 
14時を過ぎますとキャンセル扱いとさせていただきます。
当日ご都合が悪くなり来られない場合は、Twitterやこちらのメールにて
ご連絡いただけると助かります。
 
当日、お会いできることを楽しみにしております。
 
鳴海製作所娯楽部
Twitter : @nrmGOraku
 
代表:なるみ
部長:はむお

展示ディスプレイの話

f:id:matchqueen:20170517115930j:plain
写真を見ると分かるとおり、ディスプレイなどにお金はかけてないです。
一度でいいから、ピラミッド型に並べてみたかったので、やりました。楽しかった。
敷布は同人誌即売会で使ってるものをそのまま使ってます(「あの布」って奴で、めちゃめちゃ便利です)
お品書きだけは作りました。スペース名とスペース番号の記載をするのは、同人誌即売会でいつもやっているので同じようにしています。
お品書きにはそんなにまじめに作っていません*2(見ればわかる)
値札はお品書き見ればいいかな?と思って作っていません。
カラーコードめがね拭きに値札が付いているのは、同人誌即売会で売ってるです。ついでなのでそのまま持ち込みました。


用意したもの一覧(2017/5/18追記)

  • おつり 100円*100枚、500円*12枚
  • お品書きとお品書き立て
  • 敷布
  • 次回作チラシ 100枚
  • 修正前取説 100枚
  • のみもの 温かいお茶をポットにいれたものと、ペットボトル飲料*2
  • お昼ご飯
  • 筆記用具
  • 予約分用、お名前チェックリスト

 
 
 

当日の売り方の話

開始5分で4個売れて、その後もみなさんゲーム内容確認もせずに買っていってくれて、開始50分で50個強売れました。
(この時点で100個作って本当に良かったって感じた)

「ゲムマサイトのゲーム告知見て面白そうだと思ってきました」
という方が多かったので、ゲムマサイトでの告知だけでもいいんだなと。
ちなみに、ゲムマ前日に確認したビュー数は2.5Kでした。
(サークルは各ページのビュー数が見れる。1000超えると100単位でしか確認できなくなるみたい)

興味深そうに見ている人に「良かったらチラシ持って行ってください」と声をかけるくらいで、呼び込みのようなものはあまりしませんでした。
チラシは自分たちが手に持って配るのではなく、机に置いてあるものをお客さんに勝手に持って行ってもらうスタイルです。
やる気あるのかな???って思いますよね。わかる。

「どうやって遊ぶのですか?」
と聞かれたときに、かんたんにやり方を説明しました。
正確に数えていませんが、10人くらいに説明して、9人は購入してくれました。


結果

ゲーム「俺の会社が労働裁判で潰れるわけがない!!」 100セット(イベント販売97、自家通販3)
アクリルキーホルダー「はたらくさん」 2
アクリルキーホルダー「もうはたらけないはたらくさん」 7
アクリルキーホルダー「はたらくさん」 3

完売は14:25くらい。
半分出たあたりから販売スピードが緩やかになってきました。
事前チェックせずに会場を回っていて目を留めてくれた方が買ってくれた、みたいな感じだと思います。


考察と感想

今回は、タイトルのキャッチーさが販売数につながったと思っています。
ゲーム自体もルールがシンプルで分かりやすく、「何をするゲームなのか」がストレートに伝わりやすいところが良かったかなと。

タイトルのキャッチーさ → (興味持つ) → 何をするゲームなのかを1分ぐらいで伝えられる → 「へー、おもろそうやん」

こんな感じ。
ゲームを作るうえで考慮した事柄は別エントリーで書こうと思います。

 
売り上げは再販費用に消えます。
次回新作用に追加投資の必要があるかもしれない。かなしい。
数作ってもたいして安くならないので、ここが同人誌と違って厳しいところですね。
ショップ委託はお問い合わせ中です。委託してもらえるといいなぁ……。


 ------------------
はい、とっても長かったですがお付き合いありがとうございます。
何の参考にもならなさそうな内容で申し訳ないです。
このエントリーから得られるのは、「あの布」は便利ってことくらいです。

何か質問があれば、答えられる質問には答えるのでお気軽にどうぞ。


長文だいすき★なるみでした。


2017/5/23修正
 赤文字が読みにくかったので黒に戻しました。

*1:2/13に入稿完了

*2:社畜育成してないしな