カードゲームのマニュアルの書き方

鳴海製作所娯楽部でゲームデザインをやってる、はむおです。

フルネームは「ロースはむお」だよ。

今日は娯楽部流マニュアルの書き方だよ。

1. ゲームのボリュームとマニュアルの形式を確認する

娯楽部のゲームは基本的に軽いのものばかりなので、ぺら1(紙1枚)あれば説明しきれるけど、重ゲーとかになると何十ページの冊子形式じゃないと説明しきれなかったりするので、ボリュームにあった形式を選ぼう。 冊子形式は書き方が大分違うので、今回はぺら形式のみを説明

ボリューム以外に重要なのは、マニュアルを入れる外箱の形状。 ぺら形式は外箱の形、大きさで紙のサイズや折り方が変わるのと思うので気にとめておくこと。 娯楽部のゲームは基本的に紙箱(キャラメルボックス)なので、ぺらを何度か折ったのがマニュアルの形状になる。

f:id:matchqueen:20190905214155j:plain

2. ページに要素を配置する

折り目で区分けされたぺらの各区分を「ページ」と考えて、マニュアルに必要な要素を配置していく。

f:id:matchqueen:20190905215904j:plain

f:id:matchqueen:20190905220851j:plain

赤点線が折り目となる。

この時に大切なのは伝える情報の順番で、「ゲームの流れ」のあとに「勝利条件」とかを配置しちゃうと、「ゲームの流れ」を読んでる最中に「結局なにすればいいゲームなんだ?」という疑問が残ったままで、「勝利条件」まで読んだ後にもう一度「ゲームの流れ」を読まなきゃいけなかったりして不親切になってしまう。

f:id:matchqueen:20190904151932p:plain

というか、いくら買ってくれたとはいえ、どんなゲームかもわからない(ゲームへの興味が薄い)状態でルールの細かい説明されても頭に入ってこないので、「このゲームは○○な世界観で××するゲームで、△△すると勝ちだよ。面白そうでしょう?」ってアピールでゲームへの興味を高めて貰うのが大切。

そんなわけで要素を配置していくんだけど、実際に紙を折ってやると分かりやすい。 折り方にもよるけど例にあげているマニュアルの場合、左上を表紙としてこういう感じ。


【1】表紙

【2】どんなゲームなのか説明(世界観とかざっくり何が目的なのかとか)

【3-6】内容物やその説明(カードの見方など)

【7】ゲームとしての終了条件(勝利条件)

【8】ゲームの準備(カードを配ったりとか)

【9-12】ゲームのルール(進行手順)

(13-16)用語や特殊なルールの説明(あれば)

(?)Q&A(あれば)

【?】奥付

()はあれば入れる、【?】は邪魔にならないところに押し込む。


文章量によって配置は変えているけど、だいたいいつも同じ感じ。

3. 配置した要素に中身を入れる

ここまできたらあとは各要素に中身を入れてくだけ。 ゲームが出来てれば文字にしていけばOK。

【3】ゲームとしての終了条件(勝利条件)【4】ゲームのルール(進行手順)について具体的に言うと、

  • ゲームのルールを箇条書きにする。
  • 必要そうな大項目を抜き出す。
  • 気を付けたい点があれば文章を追加する。

こんな感じ。

例えば、「意識の階段」というゲームのルールを箇条書きにすると


  1. 山札からカードを引く
  2. 自分の手札を使って、アクションをする。アクションは2回行える。
  3. アクション出来ないときはパスになる。
  4. 自分にも称賛できるし、レッテルも張れる。
  5. 他人にも称賛できるし、レッテルも張れる。
  6. 手札の数が6枚以上なら5枚になるように手札を捨てる。
  7. 5000兆段登った人の勝ち。

これをゲームの終了条件を満たすまで続けることになる。

必要そうな大項目は1. 2. 6.になる。7.は終了条件なので別に記載をする。

3.4.5.アクションの内容になるので、2.の中で説明することができる。

ということで、1. 2. 6.に文章を追加していく。

(2)自分の手札のカードを使って、次のアクションを2回まで行います。
 (行えるアクションがない場合、パスになります)

 a.意識の階段を登る
 b.自分を称賛する
 c.自分にレッテルを張る
 d.他人を称賛する
 e.他人にレッテルを張る

(3)自分の手札が6枚以上の場合、手札が5枚以下になるようにカードを捨てます。
 (捨てたカードは「捨て札」として、全員の分をまとめて1か所に表向きで置いておきます)

1~3が終わったら、順番が左隣の人に移ります。
この手順を、【誰かの意識の階段が5000兆段以上】になるまで繰り返します。 

ここでは次のことに気をつけとくと良い。

・文字が多すぎないか

文字が多すぎると基本的に読みにくい。読みにくいマニュアルを読んでゲームをしてくれる人は希なので、極力ハードルは下げる。ほどよく図解とかを入れて、文字→図解で咀嚼→文字→図解で咀嚼みたいにすると良さげ。

・マニュアルを読んで迷わずにゲームが遊べるか

マニュアル書いてる本人達はゲームに詳しいので多少アラがあっても支障は無いけど、マニュアル読んで遊ぶ人は当然ルールなんてわからない状態からスタートなので、一旦頭をバカにして頭からマニュアル読んでゲームが遊べるかは要確認。そのゲームをやっていない知り合いに読んでもらうのもあり。

あとはマニュアル書いてる途中にルールの不備や説明しにくい所が見つかったら無理にマニュアルに落とし込むのではなく、ゲームの方を見直すのも大事。

4. 図を入れる

上の文章に図解を入れたものがこうなる。 f:id:matchqueen:20190904152542j:plain

印刷用データに落とし込む際に、出来るだけ「紙を折るところに絵や文字を入れない」ことに気を付けている。

「意識の階段」ではどうしても配置できずにカードの見方が折り目に配置されてしまった。悲しいね。

紙を折ると、折り目の部分の印刷が剥げてきて読み辛くなることがあるので、可能なら気を付けてみるのがおすすめ。

5. 確認

基本的に3. でも頭バカにして確認してるけど、足りてないものがないか確認。

足りないものが出てきちゃって、書き上がったマニュアルにうまくはめ込めない場合は、一旦ゼロからやり直す勇気も必要。

6. 完成

不足などの問題がなければ完成。

到着した紙をひたすら折る作業が待っている!

ゲームマーケット2019春

参加したので思い出を残しておこう。

ゲームマーケット2019春は2019/5/25-26の2日間。 5/25は一般参加、5/26は出展者として参加。

1日目 5/25の思い出

f:id:matchqueen:20190605170306j:plain:w300

入場してすぐに、いつもお世話になっているボドゲショップさんの店長ズにお会いし、少し雑談。

ついでに目の前で販売していた公式トートバッグ(でかい)を購入。ボドゲがたくさん入る凄く良いバッグだった。

その後、予約していたポンプ消防隊を受け取りに行く。

gamemarket.jp

あとはふらふらと全スペースを見て回り、気になったものを購入した。

買ったもの

f:id:matchqueen:20190605170844j:plain:w300

Fateのゲーム

キービジュがタスクオーナさんなので絶対に予約しようと心に誓う。

f:id:matchqueen:20190605171414j:plain:w300

そんな感じで1日目終了。

2日目 5/26の思い出

ゲームを売るぞ!今回も試遊一体型のブースです。

f:id:matchqueen:20190605172237j:plain

今回のキャッシュレス払いはPixiv PayとKyashに対応。 ついでにレジアプリとしてPixiv Payを使ってみた。

(めも:Kyashでの支払いは計3件だった)

忙しすぎるとレジアプリを入力している暇が無いので、何個か同時入力して会計ボタンを押す、みたいな使い方をした。 毎回入れられるなら入れている。

開始直後の様子。

f:id:matchqueen:20190605172623p:plain:w300

後半の様子

f:id:matchqueen:20190605172656p:plain:w300

開始1時間くらいは、チェック済みの方がタイトル指定で購入していくことが多かった。

それ以降は、ゲーム説明をして買ってくれる、という感じ。

興味深そうにしている人にはルールが書いてあるゲームカタログ(チラシ)を渡す。

試遊は13:00~、弊サークルはアラフォーおっさんとおばはんのペアなので体力が無く、試遊したいと言われたらする、みたいな感じで回していた。10回くらいはやったかもしれない。数は毎回数え忘れる。

次回は試遊なしでもいかなと、販売していて思った(試遊しなくてもみんな買ってくれて凄い嬉しい)

ハイライト1

「これ誰が作っているんですか?」

と聞かれたので、

「私(なるみ)が企画、いま出かけている人がゲームデザインをしています」

と答えたら、その後またいらしたらしく、はむおが

「このゲームを作ったやつの顔を見てやろう(意訳)という人が来た」

というニュアンスのことを言っていた。満足されただろうか。心配だ。

ハイライト2

隣のサークルさんが「2年前に亡くなった猫が天国で幸せでありますようにと作った『にゃんこハピネス』」という感じの最高にエモいゲームを出していた。はむおが「買わなかった自分を殴りたい。今後、気になったものは絶対に全部買う。絶対だ」と言っていた。

これを出していた、『Harbor Games』というサークルさんの情報をお待ちしています。次回出ていると良いな……

(ゲムマサイトにも情報が無く、Twitterもやっていないようだった)

販売数

気にする人も多い気がする販売数。

f:id:matchqueen:20190605175046p:plain:w300

スクショで気軽にシェアできるのは便利だなぁ。

新作のリスクも意識もほぼ同数、意識は50個しか持って行って無かったけど間に合って良かった。

東京イベント初売りの過労死ガチャも頑張っている。すごい。頑張れ。

予約数

全部で9件。

2件受け取りに来なかった人がいる。そんなこともあるよね。

そろそろ予約は受け付けなくてもいいかなと思い始めている。結構大変なので。

まとめ

うちはゲムマよりショップ委託の方が数が出ているサークルである。

だけど、ゲムマで販売すると、過去作を遊んで面白かったからという人、説明した後に感心しながら買っていく人、笑った後に買ってくれる人などがいて元気をもらう。対面販売はいいな。これからも続けていきたい。ただ、ほんとうに試遊はもう無いかもしれない(体力の問題)

次回ゲムマは土曜か日曜か、都合の良い方に申し込むと思う。土曜日の雰囲気が分からないので土曜日も出てみたい気がする。でも日曜日は日曜日でまったりして楽しいので出ていきたい。そうか、両日か(無理だ)

努力目標:次回ゲムマまでに、せめて1サークルくらい知り合いのサークルを作りたい(知っている人が全くないボッチサークル)

そのリスク、ヘッジしていこう!

ノリと勢いだけで作ったゲーム。製作期間24日。

nrmgoraku.com

はじまり

始まりはチャットへの投稿。

17分でほぼできあがった。

f:id:matchqueen:20190505000242p:plain:w300

ゲームについて

ゲームシステムは落ちものパズルゲーム。

グラフィックさんの32枚トレカを使ってみたかったので32枚縛り。

32枚となると、8種*4が丸いよねということでカード種類数が決まる。

つらつらと

  • 縦横斜めで色を3つ揃えるか、同じ番号(リスク)を2枚揃えれば消える。
  • 1種消えたら1枚のリスクをライバルに投げつけられる。
  • 同時に2種消えたら2枚投げる(同時ヘッジ)
  • 連鎖も可能(連鎖ヘッジ)
  • 投げたリスクで相手が揃ってしまった場合も消えるようにする(友情ヘッジ)
  • 自分のリスクの受け皿(場)がいっぱいになると負ける。自分以外が勝利。
  • シャッフルしたくなかったので山札がなくなったら終了。「リスク管理査定」という名目で一番リスクがある人が負ける。
  • 消せるリスクを見逃してしまう場合、「見逃したことを指摘」されると負ける。
  • 指摘されなければ負けない。

実際にやると簡単なのに、文字に起こすとわかりづらいオブザイヤー。

ゲムマに来れるようでしたら一回試遊とかするのおすすめです。

イラスト

プレイヤーが社員(マネージャー)なので、カードイラストはリアル風。 f:id:matchqueen:20190505001243p:plain:w300

この部分にこだわりがあり、プレイヤーが社長の場合、

「偉い人は社員をコマとしてしか認識していない、ゆえに彼らの外観は顔がなく無個性なピクトグラム

なのである。

イラストは、はむおにポーズをとってもらい、それをイラストに起こす(模写)方法で描いている。

線の選び方で雰囲気が変わるのが大変面白い。なお、過労死ガチャの絵も同じ手法で描かれている。おっさんをたくさん描くのはもう嫌だ。

パッケージ絵は「リスクをエイヤって投げている絵がいいね」と言われたので描いたラフをそのまま使った。

iPad proのコンセプトというアプリを使っている。

けっこうラフそのままになった。ここだけピクトグラムというか白禿というかそんな感じなのは大きな意味はない。

おっさんをパッケージにすることへの精神的拒否感があったことは否定しない。

これを描いているときが一番楽しかった。 f:id:matchqueen:20190505001641j:plain:w300 f:id:matchqueen:20190505001658j:plain:w300

その他

亜種ルールで一人で遊ぶのも面白かった。

適当に自分ルールを作って遊ぶのも良いと思う。

ルールは変えてくれてかまわない派なので、楽しく遊んで欲しい。

「こんな感じでやると面白かった!」

というのは教えてくれるとうれしい。私たちもそれで遊びたい。

意識の階段

初めは「意識高い人の伸びた鼻をへし折るゲーム」だった気がするが、気が付いたら違うゲームになっていた。

f:id:matchqueen:20190505002341p:plain:w300

nrmgoraku.com

はじめ

これ、もともとは「天国への階段」というタイトルで出そうと想定していたゲームだった。当時(2017年11月)のメモにはこう書いてある。

はたらくさん(社畜)がブラック(地獄)からホワイト(天国)まで階段を昇っていくゲームでね、途中で様々な困難があるんだけど、それを乗り越えて天国に行こうとするんだ。 その妨害をする社長が主人公のゲーム。 上るはたらくさんじゃなくて、妨害する社長になる。 自分の世界のはたらくさんが天国に行ったら負け。 ブラック企業から抜け出せない若者をファンタジーで表現したゲーム。

地獄かな。

 

今回の「意識の階段」は、「レッテルを張る(妨害)」、「貼られたレッテルを意識高いワードで上書きしていく」あたりを面白いと思えるときっと面白いはず。ノリのいい友だちとノリ良く遊んでくれると嬉しい。      

ゲームについて

登る階段の数は、初期は「100兆、300兆、500兆、1000兆、1500兆」だった。300兆がいまいちだったらしく250兆になった。

ついでに100兆段は使わないよねということになり、結果「250兆、500兆、1000兆、1500兆」の4種に。

記載された数字に意味があるかどうかは不明。雰囲気です。 f:id:matchqueen:20190505003338p:plain

各職業は、独断と偏見に基づく「意識高そうな職種」 f:id:matchqueen:20190505003644p:plain:w300

ゲームシステム自体は階段を登るだけなのでそんなに苦労した記憶がない(2か月前に作っているので記憶があやふやだという気持ちもある)

一番苦労したのは「意識高そうなワード探し」です。こういうの。 f:id:matchqueen:20190505004727p:plain:w300